ワールド環境コミュニケーションズ 
TEL 050-3500-4014 FAX 050-3730-5944
ご納得いく商品をご提案いたします。
TOP  ›   NEWS   ›  NEWS個別
NEWS

クラウドサービスとの連携や高度なセキュリティなどのソリューションを実現する複合機 「e-STUDIO2555C/3555C/4555C/5055C」の発売について


「e-STUDIO5055C」(オプション装着時)
「e-STUDIO5055C」(オプション装着時)

東芝テック株式会社は、A3フルカラー複合機においてクラス最小*1のコンパクトボディで、クラウドサービス*2との連携や高度なセキュリティなどのソリューションを実現するe-STUDIO(イースタジオ)5055Cシリーズ4モデル*3を 2013年(平成25年)2月中旬から日本国内を皮切りに全世界で順次発売します。日本国内では、2月中旬からe-STUDIO2555C/3555Cの 2モデルを、4月上旬からe-STUDIO4555C/5055Cの2モデルを発売します。また、全世界向けには、全モデルを今春から順次発売してまいります。

本商品は、A3フルカラー複合機「e-STUDIO(イースタジオ)」シリーズの新商品として、今日のビジネスシーンとは切り離せないクラウド サービスとの連携や、安心のセキュリティ機能など、最新の機能をコンパクトボディに凝縮したモデルです。2012年7月に発売したe- STUDIO2050Cの上位機として、プリント速度で毎分25枚から50枚までのラインアップを拡充し、日々スピードを求められるビジネス現場の業務効 率アップに貢献します。

今日、スマートフォンやタブレット端末などモバイル機器を利用するお客様が増加し、クラウドサービスは企業のシステムに欠かせないビジネスツールになっています。新商品では、スキャンしたデータや受信したFAXデータ*4を直接クラウドサービスにアップロードすることが可能となり、離れた事業所間や出張先からのデータ共有・取り出しや直接印刷などに活用できるようになりました。

また、新商品には、セキュリティHDD*5を標準搭載しました。HDDが盗難された場合でも、HDD上の全てのデータが暗号化されているとともに、他の機器で不正に読み出そうとした際にデータが無効化されるため、お客様の大切な情報をしっかりガードします。

さらに、低温融解トナーとLEDプリントヘッド、IH定着方式などの採用により、当社従来カラー機*6と比較して消費電力を約50%削減しました(TEC値*7による比較)。同時に、ウォームアップタイムは約27秒、スリープモードからの復帰時間は約12秒と大幅に短縮しました。省電力と使いやすさを両立させ、節電をお考えのお客様にも快適な使用環境をご提供します。

新商品の活用はオフィス内にとどまらず、封筒印刷から長尺用紙、耐水性の光沢紙「エコクリスタル」*8など幅広い印刷メディアに対応することで、店舗で活躍するPOPやポスター、メニュー等を簡単に作成できます。また、プライスカードの作成には低コストの2色プリントで訴求力を発揮します。

当社は、普及機ゾーンから高速レンジまでフルカラー複合機のラインアップを展開することにより、お客様のフルカラー複合機活用の領域をさらに拡大します。また、オフィスのみならず、流通・サービス業の施設・店舗等で、これまで以上の活用シーンを提案していきます。

*1 2012年12月現在、35枚/分以上のA3フルカラー複合機の設置面積において(当社調べ)。
*2 外部連携オプション(GS-1020)が必要です。対応時期は2013年春頃の予定です。
*3 海外では、「e-STUDIO2555C/3555C/4555C/5055C」に「e-STUDIO3055C」を加えた5モデルを発売します(地域により発売するモデルが異なります)。
*4 FAXデータの直接アップロード機能は、2013年春頃対応の予定です。
*5 株式会社東芝の開発したHDD。HDDへの電源供給が断たれた場合にデータを瞬時に解読不能にするという同社独自の技術をベースに、より汎用性を持たせたセキュリティ機能搭載の製品。当社は世界で初めてこのHDDを複合機に搭載しました。
*6 e-STUDIO2540C/3540C/4540Cとの比較。
*7 TEC値とはTypical Electricity Consumptionの略で、国際エネルギースタープログラムが定義する概念的1週間の消費電力量のこと。
*8 エコクリスタルは新巴川製紙株式会社における登録商標です。

 詳しくはこちこちらをリンクしてください。 東芝テックホームページ